婚活パーティー失敗

婚活パーティー失敗回避|女性からのお誘い

婚活パーティーでの失敗談ですが、一番多いのは後日女性から連絡があったケースです。

 

男として、女性から連絡があるということは自分がモテてるのでは?と勘違いしやすいですが、ほとんどの場合は何か裏があると思っていいでしょう。

 

婚活パーティーでのケースは、宗教やサイドビジネス、ネズミ講です。

 

しかし、電話では自分のことが気になったから電話してきた、という言い回しをしてくるのでつい有頂天になってしまいがちです(笑

 

裏を返せば、「あの男はカモにしやすいかも」と女性から思われているだけです。

 

ただし、中には本当に自分のことが気になって連絡してくるケースもないわけではないので、時間があるなら1度会ってみるのはアリです。

 

1度会えば、相手が何が目的で自分に会ったのかわかるので、そこで判断すればいいでしょう。

 

 

 

婚活パーティー失敗回避|合コン

僕は、婚活パーティーで知り合った女性とパーティー後に何人かで合コン形式で会ったことが何回かあります。

 

パーティー後に連絡するとき、複数で会う方が女性も安心するので、約束できる確率が高くなるからです。

 

しかし、注意しなければならないのは、パーティーで知り合った女性が目当てだったとしても、その時点ではお互いカップルではないということです。

 

つまり、その目当ての女性が、合コンに参加した自分の友人や後輩とうまくいくケースも考えられます。

 

であれば、最初から1対1で会っていた方がよかった、ということになります。

 

ケースバイケースかもしれませんが、僕はこのケースでうまくいったことはありません。

 

 

 

婚活パーティー失敗回避|カップルング成立後

僕は、婚活パーティーで運よくカップリング成立したことが何回かありますが、なぜかその後うまくいったことはありません。

 

やはり、第一印象が良すぎると、その後相手のことが分かってくるほどに減点されていくからではないか?と思うのです。

 

逆に、カップルにならなかったときの方がうまくいったのですが、その場合は会うほどにお互い相手の良さが分かってくるため、ポイントアップしていくのでうまくいくのかな、と思います。

 

ですので、もしカップリングが成立した場合は、何回か食事したりして本当に相手のことが好きなのか確認したほうがいいと思います。

 

もちろん、これは女性側にも言えることですが。

 

婚活パーティーでカップリングになったからといって、そこがゴールではありません。むしろ、そこからがスタートです。

 

ある意味、カップリングになった方がその後の展開が難しいとも言えます。